タンパク質発現精製・細胞培養

ポリクローナル抗体(マウス)作製受託

ポリクロナール抗体(マウス)作製受託

免疫動物の選択・スケジュール変更
その他お客様のご要望に対応させて頂きます

1. 抗原必要量

リコビナントタンパク質0.5mg(マウス1匹×4回免疫分)×匹数
ペプチド0.5mg(マウス1匹×4回免疫分)×匹数

2. 標準免疫スケジュール

約2ヶ月:4回免疫・2回力価測定(ELISA)

3. 抗原作製

リコンビナント蛋白質抗原作製(大腸菌・昆虫細胞・動物細胞発現系)

発現ベクター構築

目的遺伝子を発現ベクターへ組み込む。

発現条件検討

小スケールのTrial培養・精製で発現条件を検討する。

本培養

発現条件検討結果に基づいた本培養を行う。

本精製

抗原として純度・収量を確保できる本精製を行う。

可溶化

可溶化を行う。

4. 受託価格(税抜)

 マウスラット
抗原の種類3匹5匹3匹5匹
(1). 合成ペプチドorタンパク質13万円17万円19万円27万円
(2). 細胞orプラスミド15万円21万円22万円33万円

ELISA実施、免疫動物(モデル動物)、追加免疫、投与方法、アジュバント等のご希望について、
お客様にご満足頂けるよう、最適なプランをご用意させて頂き、お見積りさせて頂きます。
お気軽にご連絡頂きますよう、宜しくお願い致します。

研究支援

ユニーテック

研究支援

ユニーテック

WEB会議

ユニーテック株式会社ではWEB会議を積極的に使用してお客様に伝わりやすく分かりやすいように、試験のご報告させていただきます。

採用情報

当社は創業より業容拡大を続けており、更なるサービスの向上、業務の拡大を一緒に行っていける方からのご応募を心よりお待ちしております。

採用情報

当社は創業より業容拡大を続けており、更なるサービスの向上、業務の拡大を一緒に行っていける方からのご応募を心よりお待ちしております。

Contact

お問い合わせ・ご相談はこちら