iPS

テラトーマ形成能試験

ヒト由来iPS細胞のテラトーマ形成能試験

iPS細胞をNOD-ScidマウスまたはScidマウスに移植してテラトーマ形成能を評価します。
新たに樹立された多能性幹細胞の評価試験としてテラトーマ形成能をみることは非常に重要なステップです。 iPS細胞をNOD-Scidマウス/Scidマウスに移植して形成されたテラトーマを採取し、その組織切片から三杯葉(外胚葉、中胚葉、内胚葉)に分化していることを確認します。

No.作業内容価格(税抜)
1

ヒトiPS細胞お預かり

生細胞(70~80%コンフルエント状態のT25フラスコ×1個/匹)
凍結細胞(0.5~1.0×106細胞/Vialx2本 )
お預かり費用は場所などによって
異なります。
2iPS細胞培養・調整生細胞(一晩培養して、調整)35,000円/株(feeder-freeの場合)
凍結細胞(必要な細胞数まで培養して調整、培地御供与)150,000円/株(feeder-freeの場合)
3マウス購入NOD-Scidマウス18,000円/匹
Scidマウス8,000円/匹
4テラトーマ形成作業
(マウスへのインジェクション)
精巣16,000円/匹
5マウス観察期(飼育費用)NOD-Scidマウス350円/匹(1日あたり)
Scidマウス250円/匹(1日あたり)
6テラトーマ組織検査解剖、摘出、固定7,500円/匹
パラフィン包埋1,800円/臓器
パラフィン切片薄切2,700円/3枚(1臓器・1ブロック)
HE染色1,800円/枚
組織標本観察(写真含む)9,600円/1セット
その他の染色お問い合わせ下さい
報告書作成30,000円~

※細胞が少ない場合や、その状態によってはお受けできないこともありますので、事前にご相談ください。
 ご提供細胞につきましては、マイコプラズマ検査証をご提出下さい。
 弊社で検査を実施させて頂くこともできますが、別途費用がかかります。
※ヒト由来iPS細胞の使用についてはユニーテック株式会社倫理委員会で審議しますので、お時間を要する場合やお受けできない場合があります。

マウス由来iPS細胞からのキメマウス作製・F1へテロマウス作製および多能性試験

新たに樹立されたiPS細胞の多能性は、in vitroにおける分化誘導やテラトーマ試験によって評価することが可能ですが、現状ではそれ らの試験で正常な器官が形成されるかまでは判断できません。
そのため、iPS細胞由来のキメラマウスを作製することで、個体発生能(正常な器官形成)を評価します。
また、ご要望に応じて、F1ヘテロマウスを作製することでGerm line transmissionを確認いたします。

安定した技術により、技術的なバイアスを排除したデータを提出します。
受託から最短約5ヶ月でF1ヘテロマウスを納品致します。
作製したマウス、データの知的財産権は全てお客様に帰属します。
※得られる結果は研究用であり、診断に用いることはできません。
No.作業内容価格(税抜)
1iPS細胞培養・調整(On feeder) 凍結細胞お預かり(1~5x 105細胞/vialx 2本)95,000円/種
2iPS細胞のインジェクション(マウス胚盤胞へのインジェクション)700,000円/種
3微生物学的検査(SPFマウスの検査)60,000円/回
4マウス輸送(キメラマウスの輸送)輸送費用は場所などによって
異なります。
5F1ヘテロマウス作製(Genotyping PCR含む)750,000円
6組織検査上記テラトーマ組織検査の項を参照

ご注意 

本サービスにより作製するiPS細胞は、iPSアカデミアジャパン(株)のライセンスを受けて、ユニーテック(株)が受託製造します。 非営利機関(大学・研究機関)以外に所属の方から注文いただく際には、iPSアカデミアジャパン(株)と個別にライセンス契約が必要となります。 非営利機関に所属の方でも、研究目的が商業目的(営利機関との共同研究を含む)である場合には、同様に個別のライセンス契約が必要となります。 詳細はお問い合わせ下さい。

研究支援

ユニーテック

研究支援

ユニーテック

WEB会議

ユニーテック株式会社ではWEB会議を積極的に使用してお客様に伝わりやすく分かりやすいように、試験のご報告させていただきます。

採用情報

当社は創業より業容拡大を続けており、更なるサービスの向上、業務の拡大を一緒に行っていける方からのご応募を心よりお待ちしております。

採用情報

当社は創業より業容拡大を続けており、更なるサービスの向上、業務の拡大を一緒に行っていける方からのご応募を心よりお待ちしております。

Contact

お問い合わせ・ご相談はこちら